相手が督促に応じない

債権回収の際に一番厄介なのが、「相手が督促に応じない」事です。民事訴訟法には「支払督促」という手続きが定められています。支払督促は債権者からの申し立てに基づいて実施されます。原則、債務者の住所を管轄する簡易裁判所の書記官が、債務者に対して債権者への金銭の支払いを命じます。

ここまですれば債務者にとっても相当なプレッシャーだと思うのですが、残念ながら「債務者が督促に応じない」というのはあり得るのです。債務者が債権の存在の有無・債権額・債権の支払い期限に異議を申し立てる事も可能なので、そうなった場合には「訴訟」で争う事になります。

債権回収のために訴訟に踏み切る事になったら、法律の専門家の手を借りざるを得ません。もしそこで負けてしまったら、債権回収はますます達成しづらくなります。弁護士に債権回収について相談しておけば、いよいよ訴訟へ、という時にも安心です。弁護士は法律の専門家ですし、代理人として法廷に立つ事も可能です。心強い味方になってくれます。

たとえ督促に応じないとしても、債務者と親密な関係がある場合には円満に解決したいものです。債権回収によって極力それまでの関係を壊さないためにも、弁護士にまずは相談、という姿勢が大事なのです。

債権回収の方法がわからない

売掛金の支払いの場合に限らず、「債権」を権利として認識していても、どうやって回収すれば良いか分からない方も多いと思います。そういう時には遠慮無く、弁護士に相談しましょう。債権回収は、弁護士に依頼するのがもっとも確実でおすすめです。

なにより、弁護士は法律のプロなので、本人が債権回収の方法について明るくない場合でも、状況に応じて適切な回収方法のアドバイスがもらえます。弁護士事務所のなかには債権回収をメインの業務としているところもあるため、そうしたところであれば回収のためのノウハウもよく知っています。

それ以外にも、弁護士に依頼することで債務者に対して取り立ての意志があることを明確にアピールすることもできるのもメリットです。間にプロの第三者を立てることで、回収のしやすさが上がります。弁護士からの通知を受け取れば債務者にもプレッシャーがかかり、債権のスピード回収が見込めるというわけです。さらに法的に債権回収する事になっても対処できることも大きいでしょう。債権回収のために訴訟や強制執行などに踏み切る事になっても、弁護士ならば代理人として法廷に立つ事ができます。

また、回収にまつわる手間や精神的な負担もほとんどかかりません。債権者と債務者が当事者同士の話し合いを続けても、なかなか事態は前に進まないものです。債権回収は弁護士に代行してもらった方が、メリットが大きいと言えるでしょう。

売掛金の支払を延期された

売掛金の支払いを延期された場合を考えましょう。この場合、売掛金を回収する側が「債権者」、売掛金を支払わなければならない側が「債務者」になります。債権者から見た「売掛金の回収」が「債権回収」に該当します。債務者が売掛金を月毎にきちんと支払うのは当然の行為です。なので債権者には「売掛金支払いを毎月請求する権利」という「債権」が存在するわけです。

債権が存在すると言っても、債務者がいつまで経っても売掛金を支払ってくれなければどうにも困ってしまうはずです。債権者が「こちらには債権がある」と主張することで債務者が売掛金を支払ってくれるのであれば、そもそも債務者は支払いの延期などしていないでしょう。そういう困った時には、弁護士に相談しましょう。債権回収を弁護士に依頼する事には、いくつかのメリットがあるのです。

まず、適切な債権回収の方法を提案してもらえます。債権者も極力、債務者との縁を切らずに債権回収したいはずです。弁護士の中には債権回収を得意とする方々がいます。その方々ならば、状況に適した債権回収の方法を提案してくれるのです。

また、債務者に債権者の本気度を伝える事ができます。弁護士からの通知を受け取れば債務者にも「債権者が本気で債権回収しようとしている」とのプレッシャーがかかります。債権のスピード回収が見込めるというわけです。

債権回収と弁護士

「弁護士」はしばしば人々から「先生」と呼ばれます。人々がある人を「先生」と呼ぶ時、そこにはある種の期待が込められています。例えば教師を「先生」と呼ぶ場合だと、人々は教師に「教えてもらう」事を期待するわけです。そういう意味では弁護士に対して人々は「助けてもらう」事を期待しています。

弁護士という職業は、依頼者からの依頼を受けて法律事務を処理する事を専門としています。法律というのは数も種類も多過ぎて素人には把握・理解し切れませんから、専門家を頼るのは当然の事です。弁護士に依頼できる事務処理の一つに「債権回収」があります。債権回収とは文字通り、債権を回収する事です。では「債権」とは何を指すかと言うと、ある人が他者に対して一定の行為を要求する権利を指します。権利者から見れば「権利」なので「債権」ですが、義務者から見れば「義務」となるので「債務」となります。

分かり難いので具体例を挙げましょう。売上金の帳簿上の未集金を指す「売掛金」ですが、その支払いを求める場合を考えます。支払いを求める側からすれば「売掛金の回収」が「債権回収」に該当します。売掛金を月毎にきちんと支払うのは当然の行為ですから、売掛金を回収する側にはその支払いを定期的に請求し、支払いを求める権利、すなわち「債権」が存在するわけです。全ての人が支払うべきものを期日までに支払ってくれれば、債権回収なんてせずに済みます。しかしそれぞれにそれぞれの事情があるので、問題の解決のために弁護士が登場する事もあるのです。